Pocket

ほとんどの人が幸せになりたいと思っていますが、幸せになるコツは学校では教えてくれません。しかし、幸せになるコツというのは科学的にもしっかりと存在するようです。今回はそのコツをTEDを通してご紹介したいと思います。


幸せになる方法

今回幸せについてスピーチをしている5人のスピーカーの話をまとめましたが、驚くことに幸せになる方法について彼らの意見は非常に似ていました。
もちろん細部は異なりますが、基本的な考え方は下に書く通り似通っています。

幸せになるコツとは

  • 前向きであること
  • 感謝をすること
  • 与えること
  • 興味をもつこと
  • 運動すること

恵まれない境遇の人でも幸せな人がいる一方で裕福な人でも不幸だという人がいます。幸せを決める要因は環境ではなく、自身の考え方にあるのです。そして、今挙げた特長を持つ人は幸せな人が多い傾向があります。

それでは実際のスピーチを見ていきましょう。長い動画ですのでまとめを読むだけでも基本となる考え方は理解できるかと思います。

Happy Planet Index(幸せ指数)

・概要
私達は経済的豊かさが人類の幸せに繋がると信じ、GDPなどの指標を重要視してきました。
しかし、豊かな国の人々が全員幸せか、貧しい国の人が全員不幸か、決してそんなことはありません。数多くの調査から人々が望むものは豊かさよりも、幸せや愛、そして健康だということがわかっているのです。

そこで、私達は幸福度の向上に向けて新たな指標(地球幸福度指数)を作成しました。この指数は主観的な幸福の度合い、寿命、国民同士の格差、そして環境への負荷を考慮にいれて計算されています。計算の結果、最も高い数値を出したのがコスタリカという国です。なぜコスタリカが最も高い数値となったのでしょうか。それは主に次の3つが理由となります。

  • 再生可能資源を元にしたエネルギーの利用率99%
  • 世界最高水準の識字率。(1949年の軍隊廃止後、健康や教育といった社会プログラムにお金を投資した結果)
  • ラテン気質で社交的な性格

以上3つの要因がコスタリカを世界で最も幸せな国した主な理由だと言えます。

では個人レベルで幸福について考えてみましょう。幸福度の向上につながる5つの行動とは何か?

  1. つながること

いい人間関係こそが暮らしの中で最も重要な基礎となります。愛する人たちのために時間とエネルギーを使いましょう。

  • 活動的であること

悪い雰囲気から抜け出す最も素早い方法です。外に出て、散歩をしましょう。活動的であるとポジティブな気分につながります。

  • 好奇心を持つこと

世の中のニュースや季節の移り変わり、周りの人たち、そして自分に興味を持ち注意深く見てみてください。注意深さや認知行動療法は幸福と強く結びついているのです。

  • 学び続けること

ある調査によれば、好奇心を持ち学び続ける高齢者は、人生の幕引きをはじめた人よりもずっと健康な傾向があります。

  • 与えること

2つのグループに100ドルずつ渡し、片方には自分たちのために、もう一方には他人のために使うよう指示をするという実験があります。そして、その日の終わりに彼らの幸福度を測ると、他人のために使った方が自らのために使った場合よりずっと幸せを感じていたのです。

人間は幸せを求める生き物です。この5つの方法で幸せを切り開いてほしいと思います。
そのためには人々を結びつけ方向を指し示す地球幸福度指数のような道標が必要だと思うのです。

The Surprising Science of Happiness(驚くべき幸福の科学)

・概要
1年前に宝くじがあたった人と同じく1年前に全身麻痺になった人、どちらが幸せだろうか。調査したところ、どちらも同じレベルに幸せでした。
つまり、多少の例外はありますが、人生最大のトラウマでさえ、数ヶ月も経つと結局はその人の幸せにはなんの影響も与えないことが分かったのです。
仕事で失敗してもしなくても、事故にあっても、大学入試に受かっても落ちてもです。

なぜこれらのことが幸せに影響を与えないのでしょうか。それは、人類には心理的な免疫システムのようなものがあるからです。このシステムが、自分が属する世界をより良いものに感じられるように、世界の見え方を変えてくれているのです。つまり、幸せは見つけるものではなく、幸せは作り出せるものなのだと私は考えています。

シェイクスピアによれば「物事の善し悪しなんて本当は存在しない。我々の思考がそのように見せる」だけなのです。

Work Happier(もっと幸せに働こう)

・概要
キャリアの成功を決める要因はなにでしょうか。
IQの高さと思う人もいるかもしれませんが、実際はIQの高さによって予測できるのは25%だけです。残りの75%は前向きな性格、周りからのサポート、ストレスを脅威ではなく挑戦だと考える姿勢にかかっています。大きく言えばポジティブな人間か否かということです。

しかしながら、ほとんどの人は働けば働くほど成功すると思っています。そして成功すればもっと幸せになれると。
実際は成功するたびに、つまり目標を達成するたびに次の目標ができ、そして幸せは常に手の届かないところにあるのです。

ここで逆転の発想が必要となります。成功すれば幸せになるのではなく、幸せになれば成功するという考える必要があるのです。
幸せな脳(ポジティブな脳)は不幸な脳(ネガティブな脳)よりも高いパフォーマンスを発揮することがわかっており、ポジティブな状態の脳は、ネガティブな状態の脳より31%生産性が高く、販売成績は37%向上するという結果がでました。

では、どうすればポジティブになれるのでしょうか。次の3つのことを21日間続けてみてください。

  1. 毎日3つありがたいと思ったことを書く(ポジティブなものを見つける訓練)
  2. 運動をする(行動が大事だと脳に覚えさせる訓練)
  3. 瞑想をする(集中力を高める訓練)

前向きな考え方を身につけることで、幸せになり、そして幸せになれば仕事もうまくいくのです。

Want To Be Happy?Be Grateful(幸せになりたい?感謝をしよう)

・概要
幸せなときに人はありがたいと思い、感謝の気持ちを抱くと思っている人は多いかもしれません。
しかし、望むものを多く持ちながら、ありがたいという気持ちを知らないために、さらに多くのことを望み、未だに幸せになれない人がいます。一方で災難に見舞われながらも、現状に感謝の気持ちを抱き、幸せを感じている人もいます。

幸せがありがたいという気持ちにさせるのではなく、ありがたいと思う気持ち、感謝の気持ちが人を幸せにしていると私は考えています。

ありがたさには2つの要素があります。1つは価値のあること、もう1つは与えられたものであること。この2つの要素が人をありがたいという気持ちにさせています。
この2つの要素をもったものを私達は常に与えられているのをご存知でしょうか。それがこの瞬間です。この一瞬、一瞬が私達に与えられた価値ある瞬間なのです。
蛇口をひねれば水がでてくる、離れていても友達や家族と話すことができる、毎日ご飯が食べられる、ありがたいと思える瞬間に溢れている。止まって、よく見て、それを経験する習慣をつければ自ずと幸せの道は開けてきます。

Habits of Happiness (幸せの習慣)

幸福とは何でしょうか。私は最もふさわしい定義は、幸福とは満ち足りた状態であり、ただ楽しいというだけではない状態と考えています。

では幸せはどうすれば見つかるのか。たいていの場合、外界から探し出そうとしてしまいます。 「幸せ」になるためなすべての状況、すべての条件を満たせば幸せになれると信じてしまっているのです。

しかし結局のところ、その状況を判断して幸福や苦しみを捉えているのは心です。そして外界の状況を変えるよりも心を鍛え、生き方を変えて心の在りようを変えることのほうがずっと有意義に思えます。

ではどのようにすれば心が鍛えられるか。怒りや憎しみの感情が発生したときに、その感情を直視して徐々に解きほぐしていくのです。瞑想を繰り返し繰り返しするのです。時間はかかりますが、これしか方法はありません。しかし鍛錬を続ければ次第に成果は現れてきます。

瞑想が幸福につながる科学的な証拠もでてきています。一般的に前頭葉前部皮質の右側がより活動的な人は元気がなく引っ込み思案で、良い情動が多くありません。逆に左側は利他的で、社交的、そして幸せな人が多い傾向があります。そして瞑想をする人はこの左側の活動がより活発であることがわかっているのです。

幸せになるには

どのスピーカーも共通して、幸せは外的要因ではなく、内的要因、つまり心の持ちようによって決まると考えています。
前向きに、感謝の気持ちをもって様々な人、出来事に関心をもつ、こう気持ちを切り替えることで幸せに近づいているのです。

以上、幸せになるコツをTEDのスピーカーたちの内容を通してご紹介しました。リログでは、TEDの評判・レビューを記載しているのでよければこちらもごらんください。
また他にも幸せになるコツを紹介した動画等ありましたらご共有いただけるとリログでご紹介していきます。

ユーザーの評価 (1)

TED(テッド)

TED(Technology Entertainment Design)(テッド)は、「TED Conference」(テッド・カンファレンス)を開催している非営利...

シェアボタン
リログ編集部

リログ編集部

リログは気になるサービスや企業の評判を検索することができるサービス。だれでも好きなサービスを登録・レビューを書くことができ、企業はそのフィードバックを元によりよいサービスを提供していくことを目的としたプラットフォームです。