Pocket

犬猫の殺処分数は2016年には5万5998匹となり、その数は減少傾向にある。これは環境省動物愛護室や動物愛護団体の努力の結果だろう。
しかし、この記事を読んでくれている多くの方は、まだ犬猫の殺処分についてぼんやりと知っているというのが実際のところではないだろうか。

この記事ではそんな人たちでも簡単にかつすぐできる行動を主に取り上げている。そのため、ぜひ時間があればまずは何か一つ行動を起こしてみてほしい。


動物愛護団体への資金援助

動物愛護団体に限らず、慈善団体の最も大きな課題の一つが資金だ。募金が彼らの活動を継続的なものにし、犬や猫を守ることにつながる。
とはいうものの募金、特にインターネット上での募金はまだハードルが高いかもしれない。そういう方はまず以下の記事を読んでもらいたい。

0円から始める寄付の方法

募金と言っても実際にお金を渡すのではなく、例えばTポイントを寄付するだけでも募金になるのだ。

Tポイントで動物愛護団体へ資金援助 ヤフーネット募金

ヤフーネット募金では、Tポイントを1ポイントから寄付することが可能だ。クレジットカードを登録するのには抵抗がある人もTポイントであれば募金しやすいのではないだろうか。
犬や猫の殺処分を減らす活動をしている団体はこちらの犬猫カテゴリから調べることができる。

犬 猫 寄付

楽天で買い物をするなら gooddo(グッドゥ)

以前まではクリックするだけで募金ができたのがgooddo(グッドゥ)だ。
2018年からは楽天で買い物をするか、もしくは「みんなの優待」という会員制割引サービスに参加することによって実質0円で募金ができるようになっている。

動物の殺処分を減らす取り組みをしている団体についてはこちらから見ることができる。

動物殺処分を減らす団体 gooddo

Gooddo(グッドゥ)の評判・レビューは?

ユーザーの評価 (3)

gooddo

gooddo(グッドゥ)は社会貢献を身近にするプラットフォーム。誰でも簡単にNPOやNGOを支援できる仕組みを提供する。2018年1月...

同じように特定のサイトで買い物をすることで募金ができるサイトはいくつかある。その中でも少し異彩を放っているのがネコリパブリックだ。

猫の飼い主なら ネコリパブリックで殺処分を減らす

ネコリパブリックという保護猫カフェを聞いたことはあるだろうか。
ネコリパブリックは、保護された猫の里親探しをしながら保護猫カフェの運営や物品販売を行う「自走型」ビジネスモデルをもった会社だ。ボランティアだけでは資金面や拡大可能性の点から課題が残る。そのため、ビジネスとして猫カフェを運営し、物品販売を行っているのだ。

ネコリパブリックの殺処分を減らす仕組み

猫リパブリックが殺処分を減らす仕組み

ネコリパブリックが運営するネコリパブリック通販サイトで購入をすれば、それは当然ながら保護された猫たちのために使われる。
売上の一部を寄付するという通販サイトは多いが、ネコリパブリックであれば売上は殺処分を減らすためのネコリパブリックの活動に使われる。殺処分減少に最も貢献ができる通販サイトではないだろうか。

ネコリパブリックの評判・レビューは?

ユーザーの評価 (1)

ネコリパブリック

ネコリパブリック(neco republic)は、保護された猫の里親探しをしながら保護猫カフェの運営や物品販売を行う会社。楽天市場...

犬猫を助ける ふるさと納税

返礼品の影響でふるさと納税を知らない人はほとんどいないだろう。返礼品目的もいいが、寄付金の使い道は慎重に選んで欲しい。
ふるさとチョイスでは「犬や猫等の動物の保護」を使いみちに選べる自治体を紹介している。

ふるさと納税 犬猫

例えば兵庫県ではフェリシモと提携し、2016年から「ふるさとKOBE寄附金動物愛護支援事業」を開始している。
犬猫の殺処分数の削減を目的として、ふるさと納税による寄付金を財源に活動している。この事業に寄付をすると、返礼品としてフェリシモ猫部特製の「猫好きのためのグッズ」が送られる。猫好きの方は嬉しいグッズではないだろうか。

あなたの署名で殺処分を減らす 署名活動

殺処分を減らしたいという意思を示すだけでも、殺処分を減らすことができる。世界的にも有名な署名サイトChange.org(チェンジドットオーグ)で署名することにより、日本の仕組みを変える手助けができるのだ。

国を動かし、動物を救う Change.Org

動物愛護団体だけの活動では限界が存在する。制度や法律の面から日本を変えてくれる政府の取り組みが動物を助けるには必要だ。
Change.Orgでは様々な動物愛護団体が日本の動物に対する法律などを変えようと署名活動をしている。動物に関する署名の一覧はここから見ることができる。

change.org 動物に関する署名

Change.orgの評判・レビューは?

ユーザーの評価 (1)

Change.org

Change.org(チェンジドットオーグ/チェンジオーグ)は様々な慈善活動などのオンラインでの署名収集および届け出を行う企業...

保護された犬猫へ物資支援

家に使わなくなった毛布やペット用品はないだろうか。使用済みのタオルなど人にあげるのは憚れるかもしれないが、保護された犬猫にとってはいいタオルになるかもしれない。
ほとんどすべての動物愛護団体が物資支援を必要としており、ここではすべてを紹介することはできないが、まとめサイトがあるのでそちらを見ていただきたい。

物資支援の項目は各団体によって異なるが、以下のリストのようなものが求められている。

  • 切手
  • ハガキ
  • ほうき・ちりとり
  • キッチンハイター
  • 小バエ ホイホイ
  • ゴミ袋
  • 拭き掃除用タオル
  • 消臭剤
  • 工具類
  • ハンドソープ
  • 食器用洗剤
  • ティッシュ
  • 犬用・猫用缶詰
  • ドライ・ウェットフード (犬・猫用)
  • ペットシート
  • ミネラルウォーター

本やDVDで犬猫を救う チャリボン

ペット用品をもっていない人でも本やDVDは持っているのではないだろうか。
VALUE BOOKS(バリューブックス)の運営するチャリボンというサイトでは本やDVDを送ると、VALUEBOOKS側で換金される。そのお金は自分の選んだ支援先に寄付をすることが可能だ。

チャリボン 寄付

ユーザーの評価 (2)

バリューブックス

バリューブックス(VALUE BOOKS)は本の買取、販売を行う。国内最大級の規模の古本在庫を持つ。 また本棚にあるいらない本を...

迷子犬・猫にさせない・助ける方法

たとえ首輪をつけ、そこに住所を書いていたとしても迷子犬、迷子ネコになってしまう可能性はある。そうなった場合、いち早く見つけることが重要だ。

FINDOG

FINDOGでは「半径6キロのみんなが飼い主になる」ことで迷子犬、迷子猫を減らす仕組みを提供している

アプリをダウンロードし、他のユーザーがLOSTボタンを押すと半径6キロにいるユーザーに通知が行く。迷子犬の創作情報などは投稿機能で共有可能だ。
findog

里親になる

ペットのおうちでは全国の里親募集情報が投稿されている。犬、猫に限らず小動物や鳥、爬虫類などの里親募集情報も掲載されているので、ペットを飼う予定の人は里親になるということも選択肢に入れてほしい。
ペットのおうち

殺処分を減らす

他にも犬猫・ペットの殺処分を減らす団体・企業をご存知のかたはコメント欄にご投稿ください。今後もリログでご紹介していきたいと思います。


シェアボタン
リログ編集部

リログ編集部

リログは気になるサービスや企業の評判を検索することができるサービス。だれでも好きなサービスを登録・レビューを書くことができ、企業はそのフィードバックを元によりよいサービスを提供していくことを目的としたプラットフォームです。