Pocket

私達が普段使っている化粧品はその開発の段階で動物実験を実施しているものが数多くあります。近年、化粧品開発のための動物実験をやめる運動が活発になり、その数は徐々に減ってきていますが、まだ動物実験をしている化粧品は多くのところで販売されています。
この記事では動物実験をしていない(クルエルティフリー)化粧品ブランドが買えるオンラインストアをご紹介します。


化粧品開発のための動物実験の実態

化粧品開発のための動物実験の実態はとても悲惨なもので、世界で毎年1億1530万頭以上の動物達が動物実験に使われています。日本を含め、まだ世界の80%以上の国で動物実験に関する法律が定められておらず、企業の意思に任せたままの状態になっています。
一方でヨーロッパでは化粧品のための動物実験がすでに禁止されており、現在、EU域内で製造・販売される化粧品は動物実験が一切行われていません。これを見習い、日本でも法律による規制が求められています。

動物実験の実態について語りだすときりがないですが、ここではあくまで動物実験をしていない化粧品を販売しているオンラインストアの紹介に焦点を当てたいと思います。
実態を知りたい方はNPO法人 動物実験の廃止を求める会のホームページに詳しい説明がありますのでご覧ください。

ボディショップ (BODY SHOP)

ボディショップ ホームページ

動物実験廃止運動の先駆けとも言えるのがボディショップです。
1989年から動物実験反対の署名活動などを行っており、現在では世界から500万以上(日本では48万)の署名を集めています。

なお署名はこちらの特設ページから可能です。

ボディショップとは

ボディショップは天然原料をベースにしたボディケア、スキンケア、メイクアップ、ヘアケアなどの製品を製造、販売する会社。 イギリスで1976年に創業し、現在では世界63カ国以上、2,800以上の店舗を展開しています。

ボディショップで製造・販売されている商品はすべてクルエルティフリー(動物を犠牲にしない)となっています。
動物実験を廃止しているだけではなく、ブラシなどについても、元来ヤギやリスなどの動物毛を使用せず、人工毛を使用しており、製造プロセスから完全に動物を取り除いています。

「ビジネスは世の中を良くする力になり得る」という信念をまさに体現していますね。

リログでのボディショップの評判

ユーザーの評価 (2)

ザ・ボディショップ (THE BODY SHOP)

ザ・ボディショップ (THE BODY SHOP) は、動物由来の原料は一切使わず、自然の原料をベースにした化粧品を製造・販売する会社...

ボディショップ 公式サイト

ラッシュ (LUSH)

ラッシュ ホームページ

ラッシュも創業以来、動物実験反対運動をしている会社の一つです。
ラッシュでは人が使う商品の安全性は、人と異なる動物によって確証されることはないと考え動物実験を廃止しています。安全性のテストについては、専門家の監督のもと人のボランティアによるテストが行われています。

動画で分かる動物実験の実態とLUSHの取組み

ラッシュ (LUSH) とは

ラッシュ は、ボディケア、スキンケア用品、化粧品、バス用品の製造、販売を行う会社。自然素材を多用した色彩豊かな製品を取り扱っています。
ラッシュの特徴は大きく次の6つです。

  1. 100% ベジタリアン:羊毛や羽毛など動物を犠牲にした商品を作らない
  2. エシカルバイイング:原材料を調達する際、調達先の労働条件、環境負荷などの倫理的条件を考慮する
  3. 反対 動物実験:化粧品の開発、製造工程において動物実験を実施しない
  4. フレッシュ:ほとんどの定番商品は製造されてから出荷するまで21日以内
  5. ハンドメイド:すべてのが手作りの商品
  6. 包装の削減:余計な包装をなくし、できるだけ簡易包装へ

リログでのラッシュの評判

ユーザーの評価 (2)

ラッシュ (LUSH)

ラッシュ (LUSH) は、フルーツや野菜、エッセンシャルオイルを原料にしたスキンケア・ヘアケア、ボディケア商品、バスボムな...

ラッシュ (LUSH) 公式サイト

コスメもり

コスメもり ホームページ

コスメもりは動物実験をしていない化粧品メーカーのみの販売をしているオンラインストアです。
「動物実験をしていない」と言っても、他社に委任している場合や原材料には使用されている場合などがります。しかしながら、それをすべて調査するのは一苦労ですよね。コスメもりでは他社に委任せず、原材料にも動物実験が行われていないメーカーの商品だけを取り扱っています。

また商品一つにつき10円が「特定非営利活動法人 動物実験の廃止を求める会(JAVA)」に寄付されます。

コスメもり 公式サイト

資生堂 ワタシプラス

資生堂ワタシプラス ホームページ

資生堂では日本の大手化粧品会社に先駆け、2013年より開発している化粧品・医薬部外品の動物実験を廃止しています。以来、動物実験の廃止に力をいれて進めており、2016年には皮膚感作性試験の代替法:h-CLATがOECDテストガイドラインに収載されるなど研究成果もだしています。

リログでの資生堂ワタシプラスの評判

ユーザーの評価 (3)

ワタシプラス 資生堂

ワタシプラスは資生堂の運営するオンラインメディア・ストア。化粧品や美容についての様々な質問や悩みに関する情報を発信す...

資生堂 オンラインストア (ワタシプラス) 公式サイト

マンダム

マンダム ホームページ

2005年の動物実験代替法開発のための社内体制強化以降、動物実験の廃止に精力的に活動をしてきたのがマンダムです。

2008年より動物実験代替法研究テーマに研究助成を実施、2013年には動物実験を外部委託を含め全面的に廃止したことを公表しています。
そして2017年には日本動物実験代替法学会より「功労賞」を授与されています。

現在では製品等の安全性確認は基本的にヒトを用いた試験(パッチテスト、スティンギングテスト等)および動物実験代替法を活用しています。

動物実験代替法に関する取り組み

動物実験をしていない化粧品 メーカー

ここまでにご紹介した企業以外にも動物実験を廃止しているメーカーはあります。化粧品業界の大手で動物実験に対して、何らかの対策を講じていることを公表している企業をここではご紹介します。

・ 花王 動物実験に対する方針

花王グル―プは、化粧品(医薬部外品を含む)の商品開発に際し、外部委託を含めて動物を用いた試験は行なっておりません。
化粧品以外の分野についても、動物実験は行わない方針です。

※「原料」の調達先での動物実験の有無については不明となっています。

・ コーセー 化粧品の安全性保証における方針

コーセーグループは、安全性を最優先としながら、動物実験を行わない方針で化粧品(医薬部外品を含む)の開発を進めています。外部委託を含めて動物実験を行わない方針で、今後も引き続き化粧品開発を行っていきます。

※医薬部外品や原料への対応は不明となっています。

・ ポーラ・オルビス ホールディングス 消費者課題 – 品質保証の強化

ポーラ・オルビスグループは、化粧品(医薬部外品を含む)の安全性確保については、代替法技術の確立に伴い外部委託を含めて動物実験を行わない方針です。

※原料への対応は不明となっています。

・ ファンケル FAQ 化粧品を開発する際に動物実験はしているの?

ファンケルでは、化粧品一つ一つの安全性や効果の研究及び実験を行っておりますが、動物実験を伴う研究や実験は行っておりません。

※化粧品以外の項目、外部委託の有無、原料への対応は不明となっています。

リログでのファンケルの評判

ユーザーの評価 (1)

ファンケル

ファンケル(FANCL)は無添加化粧品、健康食品・サプリメントを販売する通販サイト。化粧品などの他に発芽玄米、青汁などの食...

・ 日本メナード化粧品 代替法(動物を使用しない試験法)への取り組み

メナードでは、2009年3月9日以降、化粧品・医薬部外品開発において動物実験を実施しておりません

※外部委託の有無、原料への対応は不明となっています。

・ シゲタ(SHIGETA) 品質の保証と認証

SHIGETAでは、私たちの健康、動物、環境に負担のない製品づくりが、本当に良い製品を生み出すという信念を持っています。
そのため、SHIGETAの製品にはPEG、乳化剤、シリコン、パラベン、石油などは使用せず、成分の93%が天然由来です。動物実験なども行っていません。

リログでのシゲタの評判

ユーザーの評価 (1)

シゲタ (SHIGETA)

シゲタ (SHIGETA)はオーガニック化粧品の商品開発・製造・販売を行う。通販サイトではスキンケア用品、ヘア・ボディケア用品...

・ マナラ化粧品 製品について

弊社及びマナラ製品の製造元では、オリジナル製品開発の為の動物実験や他社への動物実験委託も一切行なっていません。
今後も、製品の開発において動物実験を行うことは、考えておらず、皆様に安心してマナラ製品をお使いいただけることを、願っています。

リログでのマナラ化粧品の評判

ユーザーの評価 (2)

マナラ化粧品

マナラ化粧品はホットクレンジングゲルなどのスキンケア用品、ヘアケア用品、ベースメイク用品、メイク用小物を取り扱う。通...

その他、化粧品開発の段階において動物実験を行っていない企業がありましたらコメント欄にお知らせください。
コスメもりのページにも動物実験をしていないメーカーの一覧がのっています。

動物実験について

動物実験は安全性の確認をある程度安価にできるというメリットがありますが、人間の利益のためだけに他の動物を苦しめている事実を今一度問い直すべきときが来ているのだと思います。

また動物は動物実験だけではなく、いろいろな理由で殺処分もされています。
動物を救うためにできることに関心があればこちらの「あなたが犬猫の殺処分を減らす10の方法」も合わせてお読みください。


シェアボタン
リログ編集部

リログ編集部

リログは気になるサービスや企業の評判を検索することができるサービス。だれでも好きなサービスを登録・レビューを書くことができ、企業はそのフィードバックを元によりよいサービスを提供していくことを目的としたプラットフォームです。