投稿日:2018年8月7日  最終更新日:2018年9月4日
Pocket

LinkedIn プレミアム会員とは

日本のLinkedInのプレミアムプランには4種類あり、それぞれのニーズに応じてプランを選ぶことができます。
LInkedin つながり

  • 就活プラン
    • InMailメッセージ (3通分) で、つながりのない採用担当者にリーチ可能
    • 「注目の応募者」機能で採用担当者の目に留まりやすく
    • 求人への応募者に関するデータで他の応募者と比較可能・・・など

就活プランでは「注目の応募者」機能で採用担当者から声がかかりやすくなります。

  • ビジネスプラン
    • つながりのないLinkedInメンバーにもコンタクト可能(15通/月)
    • 過去90日間に自分のプロフィールを見た人と閲覧に至った方法をチェック可能
    • 3次コンタクトまでのプロフィールと提案プロフィールをリミットなしで閲覧可能・・など

ビジネスプランでは、つながりのない人にメッセージを送ることが可能となります。そのため、営業活動ツールとして使いたい場合に向いています。

  • 営業プラン
    • プレミアム検索フィルターで膨大な検索結果の中からお探しの人をピンポイントで検索可能
    • 「つながりのないLinkedInメンバーにもコンタクト可能(20通/月)
    • 過去90日間に自分のプロフィールを見た人と閲覧に至った方法をチェック可能・・など

営業プランはビジネスプランの強化版と言えます。メッセージが月に20通まで送ることができるようになります。

  • 採用プラン
    • テンプレートを使って候補者に効率的にリーチ可能(30通/月)
    • 3次コンタクトまでのプロフィールを無制限に閲覧可能。
    • 候補者のデータベースを一括で管理・・など

アメリカやイギリスの採用担当者やリクルーターはLinkedInのこちらのプランを使って、採用活動を行っています。

日本でLinkedInを利用している企業

楽天

事業の国際化に伴い、グローバル人材を確保するためLinkedInを利用。
結果、ダイレクトで採用することで採用コストが削減でき、またエンジニアの採用にも成功しているようです。

メルカリ

採用したい候補者に同じ職種の人を集めた「ミートアップ」の案内を送るという手法で採用活動を行っています。

パナソニック

楽天同様、グローバルな人材を集めるためにLinkedInを利用しています。北米における採用では8割がLinkedIn経由となったそうです。

その他にも様々な企業がLinkedInを導入し始めています。

リログでのLinkedInの評判

リログでのリンクトインの評判です。

海外の人と仕事をするのでたまにフレンドリクエストが来ます。少し話しただけでも来るので、海外の人にとっては名刺代わりなのかもしれませんね。

LinkedIn(リンクトイン)

LinkedIn(リンクトイン)はビジネス系のソーシャル・ネットワーキング・サービス。2016年よりマイクロソフトの子会社となる。 ...

まとめ

日本人が知らないLinkedInの使い方をご紹介しました。
もちろん、LinkedInをアメリカやイギリスなどと同じように使うにはまだまだアクティブ会員の数が少ないですが、今後導入企業やアクティブ会員となる人は増えていくのではないかと思っています。
日本ではfacebookがLinkedInの代わりのようになっていますが、やはりビジネスに向いている機能を多く持っているのはLinkedInかと思います。


シェアボタン
リログ編集部

リログ編集部

リログは気になるサービスや企業の評判を検索することができるサービス。だれでも好きなサービスを登録・レビューを書くことができ、企業はそのフィードバックを元によりよいサービスを提供していくことを目的としたプラットフォームです。